2015年12月

多分いいひと

228 : きしりっしゅ ◆Ux29IdM5BI [] 投稿日:2010/08/21(土) 01:55:54 ID:sZhrIUxy0 [3/7回(PC)]
「多分いいひと。」 


これもねーちゃんちの話。 
ねーちゃんの娘、俺からみたら姪っ子。超可愛い。 


その姪っ子がまだ1歳とか2歳とかの片言でしかしゃべれなかったくらいのちっささだった頃の夏。 
ねーちゃんが姪っ子と昼ごはん食べてて、 
子供とか見たことある人とかはわかると思うけど、 
子供ってごはん食べる時すげー汚く汚したりするじゃん、遊びながら食べたり。 
ねーちゃんも、ちゃんと食べなさいーとか言いながら姪っ子に食べさせたり自分も食べたり。 
クーラー効かした部屋で、二人でだらだらごはんしてたそーだ。 

で、あまりに遊びながら食べるのがひどかったんで、 
よく見てたら姪っ子はキッチンの通気窓って言うのかな、ちょっと高めの所にある、 
小さめの窓あるじゃん、そこのブラインドの方をにこにこしながら見てるんだって。 

暑い日だったんだけどその窓はよく風が入ってるみたいで、 
ブラインドが勢いよくあおられてカランカラン鳴ってる。 
ああ、これが面白いんだな、と思ってねーちゃんが姪っ子に風が強いねえって感じで声を掛けたら、 

「おっちゃん」 

と姪っ子が笑顔でそのブラインドの方に手を振りながら、ほらお母さんも手を振って! みたいな顔してねーちゃんを見るんだって。 
その間もブラインドはカランカラン揺れる。 
…ねーちゃんは勇気を出して、ただの風だ、風で揺れてるだけだって自分に言いながら窓を閉めに行ったんだよ。 

ブラインドの裏の窓、鍵までしっかり閉まってたって。 

すれ違う女の人

225 : 御子絵 ◆6scG3/0sFE [] 投稿日:2010/08/21(土) 01:50:16 ID:FRvQpvUP0 [6/16回(PC)]

≪すれ違う女の人≫1/2 
 
それは今から20年程前、都内に住んでいた時の話です。 
私はしょっちゅう同じ女の人とすれ違っていました。 
朝は仕事で決まった道を急いで行くのですが、帰りはその日の気分でいろんな道を 
通って帰っていました。 
女の人は黒髪のショートで少し色黒で、主にスカートを履いていた様に思います。 
鞄は持っていなかったので散歩かなと思っていました。 

はじめのうちはご近所さんだから、よくすれ違うのも当たり前かな、と思っていました。 
ところが気ままな私が帰り道を"今日はここを曲がって違う道を通ってみよう"と歩いても 
"多分ここの道はあそこに繋がってるはずだから、初めてだけど通ってみよう"と歩いても 
帰る時間が早くなっても遅くなっても、必ずその女の人が向こうから歩いて来るのです。 

だんだん偶然とは思えない頻度ですれ違う様になりましたが、すれ違ったからといって、 
何かが起こるという事も無く、本当に偶然の重なりだったのかもしれませんが、 
私にとってはもう不気味な存在の人になっていました。 

互いにすれ違い様には顔を伏せて、互いの顔をよく見る事も、後ろを振り返る事も無かった 
のですが、女の人は髪型も服装もあまり変わらないので、遠くからでもその人だという事が 
だんだんわかるようになってきました。

 
続きを読む

刑場跡にて

263 名前: 枯野 ◆BxZntdZHxQ Mail: sage 投稿日: 2010/08/21(土) 02:45:33 ID: K36XqKfnP 「刑場跡にて」 1/2 
俺の従妹が劇団もどきのサークルにいたことがある。 
もどき、というのは大掛かりな公演などをやらず、 
ネットに朗読劇などを上げるのが主な活動内容だったからだ。 
このサークルに籍を置いていた頃、親睦会と称して心霊スポット巡りをしたそうだ。 
別にホラーの朗読をやっていた訳ではない。 
今考えるとちょっとどうかと思うが、 
有名なバトル漫画の戦闘シーンをラジオドラマ風に演じたり、 
やたら独白の多い少女漫画を朗読したり、そんな遊びをするサークルである。 
取材とか役作りとかではなく、どうやら主宰の趣味だったようだ。 

そんな親睦会で、印象に残った場所がいくつかあると彼女は言う。 
その話をしたい。 
従妹の名前は仮に美保としよう。 

薄曇りの春の日、一行が訪れたのは刑場跡だった。 
行く前にイメージしていた程広い場所ではなく、 
街中の、道路に挟まれた川の中州の様な僅かな空間。 
外から見ると、古い街でたまに出会う稲荷社や地蔵堂の敷地の様だった。 
賑やかに中に入って行く主宰以下仲間たちを見送って、 
美保は何だか進む気になれなかった。 
怖いとか気持ち悪い感じはしないが、 
はしゃぐ一行を見てむしろそっちに呆れて乗り気になれない。 
仕方なく2メートル程入って両脇に背の高い木が立っている場所に立ち止まり、 
ああだこうだ言いながら奥へ進む背中を眺めていた。 

ふと、頭上で音がした。 
右側の木の上で、生木がキーコキーコと軋む音。木の葉がざわめく音。 
風は殆どないから、鳥でもいるのかもしれない。 
美保が何の気なしに音がした方向を見上げると… 
常緑樹の青々とした梢に、黒ずんだ素足がにょっきりと生えていた。

 
続きを読む

カラオケボックスにて

204 : 柏餅 ◆A6QVLbDKu6 [] 投稿日:2010/08/21(土) 01:20:11 ID:1sgwWD2IO [1/6回(携帯)]
【カラオケボックスにて 1/3】 

先週、ちょうどお盆の時期の話。 

実家に帰省していた俺は、地元の旧友二人(A・B)と再会を祝して飲んでいた。 
当初は終電で帰る予定だったのだが、盛り上がっているうちに終電を逃してしまった。 
仕方ないのでカラオケにでも行って始発を待つか、という事に。 

「俺が昔バイトしていたビル、改装されてカラオケ店になったんだ。そこ行こうぜ」 

そうAが言ったのだが、正直、俺とBは気が乗らなかった。 
というのも、俺とBは多少の霊感持ちで、そのビルに『いる』事を知っていたからだ。 
だが零感のAは、俺とBの微妙な反応にも気付かず、さっさと歩きだしてしまった。 

件のビルに着くと、確かにすっかり改装されていて、内部に当時の面影はなかった。 
まだ新しく、綺麗で明るい雰囲気の店だ。 
あの頃のような、淀んだ空気は全く感じなかった。 
5階の一室に通され、しばらくは何事もなく交代で歌っていたのだが…。 

深夜3時を回った頃、異変が始まった。 
入れたはずのない曲が入っている(韓国語の曲だった)、 
冷房を切ったのに足元を冷たい風が撫でる、 
マイクを指先で叩くようなノイズが何度も入る、などなど。 
俺とBは極力気にしないように努めていたのだが、何かいるって事は明白だった。 
零感のAも、何かおかしいと気付き始めたようだった。

 
続きを読む

遊んでほしかったんでしょうかね

 202 : メタルスライム ◆LuWpVnhAYs [] 投稿日:2010/08/21(土) 01:17:57 ID:yDVJyUVZ0 [2/2回(PC)]
(ペット) 

私の家では以前、室内犬のマルチーズを飼っていました。 

その犬は妹が小学校に入学したとき飼いはじめて16年 

ちょうど妹が結婚する年に亡くなったのです。 

晩年は結婚の準備などで妹も両親も家を空けることが多く、ほとんど私が世話をしていました。 



亡くなってから数年後のある日、昼寝をしていると不思議な夢を見ました。 

夢のなかでその犬が私の寝ている体に擦り寄ってきて、脇の下辺りにもぐりこむようにしてきたのです。 

私はものすごく、くすぐったい感覚に襲われて半分笑いながらビックリして起きたのでした。 

何であんな夢を・・・・と思いながらふとカレンダーを見るとその犬の命日でした。 

久しぶりに、遊んでほしかったんでしょうかね・・・・・ 

一方通行

239 名前: 枯野 ◆BxZntdZHxQ Mail: sage 投稿日: 2010/08/21(土) 02:14:52 ID: K36XqKfnP 「一方通行」 1/2 
俺の従弟が通っていた高校の近くに公園があった。 
古くからある神社の裏手の高台に細長い敷地を持ち、 
県道に面した側にブランコと滑り台がこじんまりとあるだけで、 
もっぱら土日のゲートボールや夕方の犬の散歩に使われる広場である。 
学校から一度坂を上り、公園の辺りで下り始めて私鉄の駅に出る。 
そのため、彼らはよく学校脇の酒屋の様なコンビニの様な店でジュースや菓子を買い込み、 
公園にたむろしては今週のジャンプやマガジンの内容について語り合ったり、 
他愛のない追いかけっこをしたりして遊んでいたらしい。 

ある時、そんな調子で遊んでいるうちに日が暮れて来た。冬の初めだったと言う。 
男ばかりでそんなことを気にする者はなく、 
皆学ラン姿なのに「色鬼する者寄っといで」などと騒いでいる。 
風邪気味だった従弟は缶コーヒーを手にブランコに腰掛け、 
ゆらゆらと揺れながら黒い人影が薄暮の中でぎゃーぎゃーとはしゃいでいるのを眺めていた。 
すると公園の向こう側、神社の森がある側の道路にも黒い人影があることに気付いた。 
ブランコは県道に背を向ける格好なので、仲間たちが駆け回っている広場の向こう、 
ドウダンツツジの植え込みを挟んで細い道がある辺りまではかなりの距離がある。 
赤紫色の夕暮れの中、人影が男か女か、若いのか老いているのか、それすらも判らない。 
ただ黙々と列になり歩いて行く姿が見える。 
道の向こうは不法投棄避けの高いフェンスがある。公園の短い辺とは言えそこそこの長さを、 
フェンス沿いに連なって歩く人々が切れ目なく続くのは何だかおかしい。 
従弟は暫くその列を見守っていたが、そっと立ち上がって公園の奥へと向かった。

 
続きを読む

些細な悪戯

 190 : 暁降 ◆SeWejTxI7g [sage] 投稿日:2010/08/21(土) 01:05:47 ID:HCeY77LJ0 [1/4回(PC)]
【些細な悪戯】1/2 

高校の頃の話だ。 
俺が通っていた高校にはプロも輩出したことのある県内では有名な演劇部があった。 
俺は演劇部員ではなかったが、友人が演劇部員で時々裏方の手伝いをしていた。 
私立だったこともあり音響や証明もしっかりした設備が揃ったちゃんとした舞台があった。 
その舞台に幽霊が出るという話は学校の七不思議として有名だった。 
一昔前の、今の制服に変わる前の古い制服を着た少女の霊が出るという話だ。 
まあ、出るというだけならどこの学校にも一つや二つあるだろうし、特に気に掛けるようなものではない。 
きっと知らないまま卒業する人もいるだろう。 
だが、演劇部内では“彼女”の話は有名だった。 
なにせ、実害がある。 
いや、害と言ってもまあ些細なものだ、むしろ悪戯とでも呼ぶべきか。 

この演劇部には一つ決まりがある。 
音響や照明の為の部屋に行くときは必ず二人で、しかも一人は中に入らず外で待たなければならない。 
変な決まりだろう? 
二人で行くのに、一人は何もすることなくただ扉の前で待っているだけだ。 
これは“彼女”の悪戯故に生まれた決まりだった。 
一人でその部屋に行くと、ほぼ必ずといって良いほど鍵を掛けられるのだ。 
その部屋はなぜか外からしか鍵が掛けられないようになっていて、その部屋に来るのは部員以外ほとんどありえないというのに、 
部員が閉じ込められるということが多発しのだという。 
俺が在学中にも何度かそういうことがあった。 
たまたま一緒に行く人がいなかったり、短い間だから大丈夫だと思って油断していたり、まだ決まりを知らない新入生が被害者だったりした。 
こういう話を聞くと、大抵誰かが悪戯で鍵を閉めたんだろう、という話が必ず出てくるが、 
その部屋に行く道は一つだけで、そこを誰かが通れば部員は必ず気づくはずなんだ。 
だが、部員が途中でその部屋に向かったことも、他の生徒がそこへ行ったこともなかった。

 
続きを読む

おじさん

187 : のらはり ◆9N4nUN7jEY [] 投稿日:2010/08/21(土) 01:01:08 ID:pIma+lm30 [1/2回(PC)]
おじさん

[1/2] 
これは昔、俺がまだ小学生校低学年の時の話。 
あの頃は毎年地元で行なわれる花火大会が楽しみだった。 

ある年の花火大会で、俺は両親から500円を渡されて好きなものを買ってきてよいと言われた。 
花火大会の時には露店もいくつか出ていて、どちらかというと花火よりもそっちの方が好きだった。 

そして500円で焼きそばとジュースを買って、はしゃぎながら両親の元へ走っていくと「ズデッ!」っと転んでしまった。 
痛い、泣きたい、でもそれよりも焼きそばとジュースは無事なのか、そっちの方に気がいっていた。 
「大丈夫?」と知らないおじさんに手を差し伸べてもらったが、焼きそばとジュースの無事を確認するとおじさんにお礼も言わず、 
すぐ両親の元へと走っていき泣いた。 

次の年の花火大会、やはり親からお金をもらい、好きなものを買って両親の元へ走っていきその途中で転んだ。 
「大丈夫?」と言われて上を向くと、そこには前の年と同じおじさんがいた。 

次の年、そのまた次の年も、そのおじさんは転んだ俺の前に現れた。 
そしていつの間にか花火大会には行かなくなっていた。 

 
続きを読む

たらいまわし

 184 : きしりっしゅ ◆Ux29IdM5BI [sage] 投稿日:2010/08/21(土) 00:57:43 ID:sZhrIUxy0 [1/7回(PC)]
「たらいまわし」1/2 



俺のねーちゃんの話。 

結婚してもう実家でてるねーちゃんは、恐がりのくせにオカルトとか怪談とか都市伝説とかすごい好きなんだよ。 
で、いつも旦那と一緒に寝る時間にだけ、ケータイからオカ板とかまとめとか見てるんだって。怖いから。 


けど旦那が月一くらいで出張よく行く人で、その日も一泊の出張に旦那が行ってることすっかり忘れて、 
ねーちゃん布団の中で洒落怖読んじゃって、なんで読んじゃったんだろうって後悔しながら電気消して寝ようとしたらしい。 

そしたら、真っ暗な部屋で、ぴし、ぴし、とか、みし、ぎし、って何かが動く音がするんだって。 
昼間ならただの家鳴りだろうですむんだろうけど、怖い話読んだばかりだし、まっくらだし、 
ねーちゃん怖くて布団の中で目つぶったまま、 

「もうわかんないんでオバケだったら旦那くんの所に行ってください、あっちに行ってください」 

ってお祈りしてたんだってw 旦那何も関係ないのにねーちゃんヒデエw 

 
続きを読む

跡地

180 : 蝉 ◆8sSemi/UG. [sage] 投稿日:2010/08/21(土) 00:53:31 ID:mf6x++sh0 [1/2回(PC)]
跡地 
1/2 

いわゆる霊感があるというのは自己申告によるものだが、この真贋の判定がなかなか難しい。 
本当に見える人も居ればただの自意識過剰の構ってちゃんの場合もあるし、自覚症状はないが実は感じている人も居る。 
このご時勢、自分から霊感があるなどと吹聴しないという人も多い。 
その霊感のあるなしを見分けたいときに私が利用している一軒の喫茶店がある。 

その喫茶店のある場所は入れ替わりが激しく、その前は飲食店だったしその前は駐在所だった。 
そして、その元凶と思われる過去は「処刑場」である。 
地元では有名な場所で、駐在所があったときは土地の者・知っている者は頑なに配属を拒んだと言う。 
そして何も知らない警察官の一家が越して来たが、原因不明の病気で一家全員が体調を崩した。 
その体調を崩したと言うのも生易しいものではなく、とてもではないが仕事など出来ないほどにまで悪化したそうだ。

 
続きを読む
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
怖い話の投稿等、その他何かありましたら下記まで連絡下さい

名前
メール
本文