57 : コピペ[] : 投稿日:2003/06/04 17:11:00
休みの日、する事もなくアパートの一室でゴロゴロしていると、 
外から猫の鳴き声がしたそうです。 
『うるさいなぁ。寝かせてくれよ。』 
そうボヤキつつ外に出てみると、それは見覚えのある猫だったんだそうです。 
その猫は、その人が昔付き合いのあった女性の飼っていた猫でした。 
『おぉ!!懐かしいなぁ!しかしおまえ、こんな遠くまで何しに来たんだ?』 
猫は何かを訴える様にニャーニャー鳴くばかり。 
『何あわててんだ、近所迷惑だろ。落ち着け。』 
そこに現れたのは大家さん。 
『ちょっとあなた。このアパート、ペット禁止ですよ。猫なんか、、、あら?』 
『え、いや、この猫は、、、あれ?いない、、、。』 
『のら猫かしら、、、』 
その場はそれでおさまったそうです。 



58 : コピペ[] : 投稿日:2003/06/04 17:11:00
でも何か気になったんでしょう。 
その人、昔の彼女に電話したんだそうです。 
いくら猫はアッチコッチ出歩くとは言っても、車でも1時間以上かかる距離だし、、。 
何か妙だと感じたんでしょう。 
しかし何度かけても電話には誰も出ません。 
たまたま留守なのか、でも気になったんでしょう。 
彼女のうちまで出かけたそうです。 
鍵が掛かっていなかったので入ってみると、 
彼女が体調を崩して苦しそうにしてベッドに横たわっていたそうです。 
彼女を看病し具合も良くなったころ、聞いたそうです。 
『あの猫が知らせてくれた。ご主人思いの猫だ』 
『そんな筈ない、、、』 
『なんで?』 
『あのコ、、、すこし前に死んじゃってるから、、、』 
彼女はそう言ったそうです。