695 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/04/08 19:30 

ここのスレを読んでいてふと思い出したので書きます。 
私の祖母は小学五年生の時に亡くなりました。 

私が24歳ぐらいの時(二浪して就職まぎわ、藁)にいきなり 
夢に現れました。そして、長い暗い洞窟を手を引いて歩くのです。 
「おばあちゃんここどこ?」と聞くと「ヨナグニだよ」と 
言います。私はそこはいったい外国なのか、なんなのかわからない 
まま祖母に手を引かれて歩きました。 

祖母は洞窟の突き当たりまで来ると、紙のようなものと 
入れ歯を燃し始めました。「おばあちゃん、何やってるの」と聞いたら 
「●●さんが入れ歯忘れたからね、届けてるの」と言います。 
私は心細くなって「帰ろう」と言うと「幸せにね」と言いました。 
その後、いきなり真っ暗な島のシルエットを一瞬見ました。 
そうかと思うと、満開の桜の花が視界いっぱいに咲き乱れていました。 
夢なので、こまぎれなのです。 

目が醒めて、私はその夢の話を母にしたところ、話は親戚に伝わりました。 
祖母の言う●●さんは、祖母の義理の姉で、祖母の死後にすぐ亡くなった 
のだけれど、バタバタした葬式だったということでした。後で仏壇を 
探したら入れ歯が出てきたとか…夢のおかげでお墓に納めることが出来たと 
感謝されました。が、これだけでは終わりませんでした。つづきます。 



696 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/04/08 19:36 

「ヨナグニ」という言葉がひっかかっていたので、地図を 
調べたら、沖縄に「与那国島」という島があることを知りました。 
当時、私がなんとなくつきあっていたオトコノヒトが 
沖縄出身だったので、何気なくその話をしたら、 
「与那国は神様の島。きっとおばあちゃんが燃していた紙は 
ジーチンという死者に捧げる紙のお金だよ」と言いました。 

だいぶ後になって、その人と結婚する時に 
祖母が「幸せにね」と言った言葉がはじめて蘇りました。 
そういう意味だったんだね…おばあちゃん… 

わかりづらい話ですいません。桜が咲くとなぜか思い出します。