125 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/04/17(金) 10:12:18 ID:Ls2A8XqZ0 [1/1回(PC)]

タイ人の友達から教えてもらった、タイ版の7人みさきみたいな話。 

彼の故郷には、「絶対に5人組で足を踏み入れるな!!」という森があるという。 
なんでも、そこには5人組の亡霊(世界大戦で死んだ兵隊の亡霊らしい?)が住んでいて、 
5人の亡霊の一人が、入った5人組のうち一人を選んで仲間にし、その一人がそれによって 
成仏するという噂があるからだそうだ。 

その森は、森と言うよりも林といった感じで、パッと見は結構開けているらしい。 

5人組じゃなかったら、子供でも普通に「探検ごっこ」と称して気軽に遊びで入れるような森。 
彼も昔はそこで4人やら7人やら、5人組以外の数で入って遊んでいたということで、決して 
大の大人が迷う森じゃない、と言っていた。 

ある日、肝試しと称して、彼の友達とそのグループが、5人組で森に入ったそうだ。 
昼間に入っていったらしいんだが、夜になっても帰ってこない。 
おかしいぞ、何かあったのか?と村で大騒ぎ。 

翌朝、10数人のグループで5人組のグループを捜索しに森に入ったところ。 
真っ青な顔で蹲っていた4人組を発見したとのこと。 
残りの一人は、どこをどう探しても見つからない。痕跡すらない。 

事情を聞こうと4人組に話しかけても、震えるだけで何も話そうとしない。 

結局、行方不明の一人――彼の友人だったのこと――はいまだに見つかってないそうだ。 

彼曰く、彼の故郷はそこそこ観光地に近いとのこと。 
「もしかしたら、外国の観光客が5人組で森に入って、一人消えちゃうってことがあるかもねー」 
だそうだ。