275 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/05/17(日) 13:48:39 ID:1BXrTolz0 [1/1回(PC)]

あれはちょうど春先だったな。 

友達と二人で近くの山にトレッキングに行ったんだ。 
頂上を目指していたんだが、途中から残雪が腰のあたりまであったので、 
止む無く引き返した。 

下山する途中(登山道はない)で南斜面に出た。 

先頭を歩いていた俺は、藪から突然開けた南斜面が出たので、 
少し安堵したが、ふと、斜め左前方に目をやると人形のようなものが 
横たわっていた。 

近づいてみると、なっなっなんと死体だった。(実際は死体だろうと思った) 
友達は怖がって一人どんどん行ってしまい、俺もこりゃ大変だと一番 
近くの交番まですっとんで行った。 

交番で全てを話したところ、現場へ同行してくれというので 
しかたなく行った。 

もしかして死体ではないかもしれないと言ったが、警察官は間違い 
の方がいいよと言って、連れて行かれた。 

途中まで行き、あのあたりだと言って待機
していると、しばらくして 
やっぱり、死体だという事がわかった。 
今考えるとあんな山の中、しかも春先で道もないところに死体が 
あっても、見つけてもらえる可能性はほんと低かったと思う。 

しばらくして、死体の身元がわかり、親族がお礼に来た。 
実は行方不明になっていた、爺さんだったらしい。 

ご冥福を・・・・・・ 
 
276 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/05/17(日) 16:08:25 ID:46MMiZJdO [1/1回(携帯)]

>>275 

おまえさん、死体に呼ばれたんだよ。

 
『俺を見つけてくれ…』って。



277 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/05/17(日) 21:21:00 ID:meAWc4GE0 [1/1回(PC)]

>>275 

「見え」たり、「感じ」たりする人ってのは霊と波長が合う人らしいね。 

霊感の強い人はラジオのチューニングみたいにコロコロ波長を変えられる。 

あなたもそのお爺さんと波長があったのかも知れないな。