669 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/11/05(木) 22:37:15 ID:Z8/8MNB40 [1/1回(PC)]
自分が高校生だったかくらいなので、4,5年くらい前の話。 

当時は父と母の夫婦仲が悪く、父一人が家を出て、母・姉・兄・俺の4人で家で暮らしていた。 
その親父が家を出ていた頃、ちょうど父方の祖母の七回忌があったのだが、それも「父と顔を合わせたくない」という母の希望で、オレら4人は参加しなかった。 

相変わらず父が帰ってこない生活が当たり前となっていた中 
母がパジャマ姿のまま、部屋で倒れていた。 
何せ初めてのことだったので 
「救急車呼ぶ?」 
「大丈夫?」と声をかけるんだが 
断固として救急車は呼びたくない、布団に横にしてくれと言う。 

オレら兄弟は布団を敷き、母を担いで布団に寝かせ、掛け布団もしっかりかけた。 
しばらくすると呻いたりすることもなくなり、寝たようだった。 

「朝になって元気になっていればいいけど…」 
と兄弟が3人、母の具合を心配してるさなか 

母がパッと目を開けてはっきりとこう言った。 


「みんなで私の七回忌忘れたのね」 


翌日、倒れたことすら覚えてないという。 
どうやら母は入ってきてしまう体質であると、その専門の人から診断されたらしい。 
家をザックリ鬼門が通ってたのも関係あるらしいが、一気に霊という存在を信じることになったよ、マジで


670 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/11/06(金) 01:15:00 ID:ISZE3f3vO [1/1回(携帯)]
>>669 
来てくれれば嬉しいだろうが、来なかったからって恨む性質のもんでもないだろうに… 
生きてるときもワガママな婆ちゃんだったんだろうな。



671 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/11/06(金) 12:14:42 ID:kWyNC3eC0 [1/1回(PC)]
お義母さんの七回忌に出なかった、という胸のつかえが 
そういった形で発現したのですね。 

自称「その専門の人」(笑)とかそっち系の人に 
「あなた憑いてますよ」とか言われて 
変な壺とか買っちゃわないよう気を付けて下さいね。