525 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 06:11:36 ID:mera6Lf90 [1/7回(PC)]
その日、彼女といつものようにデニーズで晩飯食いながらおしゃべりをしてたんだ。 
付き合い自体は一月にも満たなかったんだが、友人として数年ほどの付き合いがあった 
いつもなら、くだらないバカ話なんかをして、お互いの近況を話したり、 
その後にお泊り~なんてパターンなんだけど、その日の話は違ってた。 

「ちょっと相談があるんだけどいいかな?」 
たいしたアドバイスは出来ないぞと思ったが、聞いてみた。同僚の浮気話とのこと。 
彼女の仕事場の同僚A(既婚女)が浮気をしている、と。 
少々複雑なのが、その旦那(B)のほうも浮気をしてるようなのね。 
で、Bの浮気の相手ってのが、Aの親友で同僚の女C 
Aの浮気相手がCの旦那のD 
つまり、お互いの夫婦がクロスするように浮気しちゃってるんだと。 

 
526 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 06:12:13 ID:mera6Lf90 [2/7回(PC)]
「Aに相談を受けてるのね。これどうしたらいいと思う…?」 
ヘビーな内容だなと正直思った。 
「まぁ、お互いがそれぞれ別な相手を好いてるんなら4人で話し合ったほうがいいんでない?他人が口出す 

とかえってややこしくなるんじゃないかの?」 
「それが、ただの浮気だけならそうなんだけどね……」 
そういって折りたたんだコピー用紙を取り出した 

その手紙には大きく絵が描いてあった 

爬虫類を思わせるような肌に角 
肉食獣のようなたくさんの鋭い歯が見える裂けた口、とがった耳 
読んでる本人を睨みつける目、上半身はゴツイ体で手には長い鉤爪 
なによりも恐怖をそそるのが目だった 
睨みつけられている印象を受けるんだが、抑揚が無い無表情な目にも見える。 
これはコピーなんだが、オリジナルのほうは 
印刷したような感じではないが、黒っぽいインクで描かれてたらしい。 
紙に筆圧の跡があったことから手書きなんだと思う。 
絵は手書きなのに、その下にワープロの無機質で大きな文字で 


破滅まであと四 


と書いてあった



527 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/03/18(木) 06:13:27 ID:mera6Lf90 [3/7回(PC)]
正直、度肝を抜かれた思いだった。 
楽しく食事して、それが終わったらムフフな一夜に~というピンク色な思考が一気に吹き飛ばされた 
「…なにこれ?」 
「Aのデスクの上に真っ黒な封筒が置いてあって、その中にこの手紙が入ってたの」 
「これが浮気と関係ある…?」 
まぁ、あるんだろうなと思った。 
相当気合の入った絵だと思う。細かいところまで書き込んであるし。 
憎しみというか、悪意のような、見ていると嫌悪感を覚えるような絵だった。 
「実はそれ、数字の四の部分あるじゃない?七から始まってそれが4通目なのね。…不定期に手紙が届いて 

るのよ。今回は机の上だったけど、自宅のポストだったり、ドアの隙間だったり。」 
「絵のほうも毎回描いてるみたいで、似た感じではあるんだけど、ところどころ違うのね。」 
よく見てみると、鉤爪の部分から黒い液体が滴ってる描写があった。