ELFADSC03691_TP_V

専門学校時代、福岡、熊本、佐賀の心霊スポットに行きまくってた頃の話だ。 
犬鳴は行った事ないけど。 
んで、福岡県の広川ってとこに十三仏って場所があって、かなり曰く付きらしく、友達と五人でいってみた。 
十三仏の事を教えてくれた友達からは「絶対いかんほうがいい!!」 
とうるさく言われたけど、そんなの関係ねぇ!!と怖いものみたさで突撃したんだ。 
テスト期間中と言う事もあり、早く学校も終わり、昼間から出発。十三仏に到着すると、少し雨が降ってきた。 

車を出ると目の前は竹林で、けもの道がまっすぐ伸びていた。竹林に入ると、昼間なのに暗く、なんか不気味だった。 
それよりも不気味だったのが、けもの道の脇に並ぶ大量のお地蔵さん。お供え物も置いてあり、誰か地元の人が来てたんだろうなと思った。 
まぁ五人とも「不気味やねーw」と言いながらも、写真を撮りまくっていた。 
少し歩くと目の前が開けて来て、洞窟がある。何人かはビビって入るのをごねていたが、説得して入っていった。 
思わぬ洞窟の出現だったが、ケータイのフラッシュを使って恐る恐る中に入ってみたら、目の前に無数のお地蔵さんやら、仏様が祀ってあった。100体以上はあったかな? 
とにかくびっちり。 

仏様たちから睨まれながらも、洞窟の奥に進んで行った。どうも奥は深いみたいで、足場も悪い事もあり、30m進んだくらいに引き返した。 

引き返す時、みんなで洞窟の中の仏様を拝んで外に出た。 

まぁ別に霊的な現象なく、十三仏ちょろいなwくらいで車に乗り、みんなで恒例の心霊写真チェック。 

デジカメの至る所を探し、何ものか写ってないか見ていると、一枚だけ俺の目の上が赤い写真があった。瞳じゃなくてまぶたね。 

みんなから「これお前呪われとるやん!!ww」みたいにバカにされてたけど、そんなこと気にせず、霊的な写真が撮れなかった事が本当に悔しかった。 

その日は次の日もテストだったので解散し、寮に帰り何事もなく寝た。 

んで次の日。朝起きてみるとやけに目が重い。何か開けにくい。寮の同部屋の奴が俺の顔見て驚いて 
「はよ鏡見てこんや!!」とせかされた。 
鏡見てみると、両目がものもらいになったように腫れてた。両目お岩さんみたいな。 
何じゃこれwwと自分では面白がってた。 

学校に行くとみんなから笑われるたり心配されたりした。一緒に十三仏に行ったメンバーは、どこにも悪い所はなく、「本当に呪われとるww」とまた馬鹿にして来た。 

俺だけ呪われたなwくらいの軽い気持ちでいたけど、それよりもテスト勉強しなきゃいけなかったから、席について勉強を始めた。 
そしたら隣の席の女の子から「ねぇ」話しかけられた。その女の子は暗い奴で、学生生活一度も話した事はなかったからちょっとビックリした。 

女の子「隣に座って欲しくないとけど」 
俺「は??」 
いきなりだったからムカついた。そんなに俺の顔がキモいのか?とちょっとショックでもあった。 
俺「いきなり何??」 
女の子「あのね・・・私少し霊感あるっちゃん・・・」 
俺「は??」 
女の子「俺君、やばいものから憑かれとるよ。やけん隣におるだけで無理」 
俺「・・・」 
女の子「どこか悪い場所に行った??今日帰ったら身体を塩で清めたほうがいいよ!絶対せなよ!」 

なんか本当にぞっとした。本当に取り憑かれてるなんて・・・ 

テストが終わって帰ったら、すぐ塩を身体にふって寝た。起きたらもうものもらいは治ってた。 
恐怖体験とまではいかないけど、モロに霊障を受けた体験でした。