AME845_kouzan845_TP_V

 俺のじいちゃん、寺関係の仕事してて霊感あるんよ 
俺がガキの頃よくじいちゃんが「とりつかれた時の対処法とか」
「立ち寄ってはいけない場所の判断の仕方」 
とか色々教わって育ったお陰で、じいちゃんレベルとまではいかないけど、
それなりに霊感が培われて育った 

親父はそういうのはぜんぜん分からんっていうんだけどな 
で、あれはたぶん5・6年前、すまん記憶が曖昧で覚えてないんだが、とにかく 
俺の悪友(結構イケメンでスケベ。だが、面倒見がよく、男女わけ隔てなく好かれるタイプ) 
と一緒に、K県の某廃病院(地元の人なら分かるかも)に行ったんだよね、 
俺と悪友と、あとその地元でナンパしたJS三人と肝試し。

やっぱ女って怖がりだから、一人が帰るって言い出すと、
続けて他の二人も帰りたいって言い出すんだよね 

で、そこで悪友、仮にKとしとこうか、Kが俺らはこのまま進むから、 
帰りたければそのまま山降りて帰りなよって言って
そのまま一人で病院の壊されたドアから進んでいったんよ 

俺は、女の子達がかわいそうだったからその一人に 
「大丈夫?車あいつのだから、あいつがいないと帰れないんだよ」
「俺で良ければ町まで一緒に山降りよっか?」 
って聞いたんよ。ナンパした娘達は嫌だの、怖いだの暑いだのしばらく騒いでいたんだが、ある一人が突然静かに、 
「それより…ねえ、なんであの人たちずっとこっち見てんの?」って呟きだした 
え?どれ?って娘が見てる方向を俺も見てみたら、2、3人の人影がずっと、病院の上の階の窓から見てるのが分かったんよ 
暗くてよく見えないけど、月の光なのか、青白い顔がかすかに動いているのが分かる 
俺はその時、じいちゃんの教えをいまさらになって思い出し、急いでKに「K!引き返せ!!」って叫んだんだが…反応がない… 
俺はこれはただ事じゃなくなる予感がして、Kがめちゃくちゃ心配になった。

俺は娘たちを残し、Kを追う為にダッシュで入り口に入りかけて、 
やっぱり引き返しナンパした娘達に懐中電灯を渡した。「これはお前らが持ってろよ。俺はあいつを戻してくる」 
「え…でも…」「大丈夫、俺、コレやってっから」
そういって俺は軽くシャドーをして気合を溜めた後、 
また入り口に向かって走り出した
「…気をつけてね…」 
俺は振り返りながら軽く親指をたてて見せ、あの娘達に声をかけた 

「もしそっちがやばくなったら、とにかく大声で叫んで、俺すぐ駆けつけっから」 
「うん」そういって、俺はKの後を追った 
まずは一階、大声で叫んでKを呼び寄せてもいいんだが、あの人影達に居場所を知らせるようで気が進まなかった 
携帯の照明を思いっきり壁や地面に近づけて恐る恐るあいつを探し続けて5分くらいたって、 
散乱したカルテなんかがある部屋に入ろうとした時、上の方から人の声がした、
Kと、あと誰か別の声…? 
俺は静かなこの部屋の中ならなんとか聞こえるかもしれないと思い、体の動きを止めて全力で天井に向かって耳を立てた