N811_kawaiikonekocyan_TP_V

友達から教習所にまつわる怖い話を聞いた。 
よくある、この話を聞いたら3人以上に話さないと 
7日後に交通事故で死ぬ、とかいうオチ。
少し怖いけど、そういうのは信じていなかったから 
誰にも話さずにいた。 
そして7日後。自分は事故にもあわず生きている。 
でも、猫が死んでしまった。

当時は実家に住んでいて、猫を数匹飼っていた。 
その7日目の夜は泊まりで遊びにいく予定だったので 
今日は帰らないと母に話して家を出た。 
すると、飼い猫のうちの1匹が「ニャー!」と鳴きながら 
自分の後を追いかけてきた。 
まだ子猫で、自分が拾ってきて育てた猫だった。 
「仕事に行くから、おまえは連れて行けないよ」と 
ナデナデして出かけていった。

次の日、家に帰って母から聞いた話。 
子猫は外に遊びに行っていたが、母が裏のドアを開けると 
子猫が倒れていた。 
すでに息はなく、車に下半身を轢かれたような状態だったらしい。 
友達の話のせいなのか…。 
子猫は身代わりになってくれたのか…。