KAI427012_TP_V

いまでは24時間営業のスーパーも珍しくないと思うんだけど、 
自分がバイトしてたトコは当時としては珍しく、25時まで営業してた。 
んで、毎日24時ぐらいに小銭入れを握り締めてくる女の子がいたのね。 
小学生低学年ぐらい。なんでそんな時間に?と思ってはいたけど、追求はしなかった。 
ある日、例によって24時ごろに来たその女の子がもじもじして、 
トイレどこですか、って聞いてきた。 
トイレはバックヤードでもわりと薄暗い感じのところにあって、いい雰囲気ではなかった。 
まぁその雰囲気がいやだったんだろう、その子は、ここにいてください、 
って言いのこして、トイレに入っていったの。

ま、そうは言われても、ボケッとトイレの前に突っ立ってるのも居心地悪いし、 
軽くバックヤードの整理してたわけ。 
んで、たまたまトイレの近くに行ったら、いますかー、って声が聞こえたのよ。 
あら、ずっと問いかけてたのかな、悪いコトしたな、と思って、 
はーい、いますよ、って答えたら、流す音が聞こえたあと、とことこ出てきた。 
それでね、さっきまでのひとはどうしたんですか、って言うんだよ。 
さっきまでいたおんなのひと、って。 
ちゃんと聞いたわけではないけど、察するに、用を足してる間ずっと呼びかけてて、 
それに対して「ここにいますよ」って女の人の声が答えてたらしい。 

当時はスーパー営業で深夜に女性がバイトすることはできなかったし、 
部外者がバックヤードに入ってくることもなかったし、ほかには個室はなかったし。 
あの子は一体誰の、いや、何の声を聞いてたんだろう? 

でも、小さい女の子を心配して返事してくれたんだろうと思ったら、 
なんか悪くないやつのような気がしたし、妙に恐怖感はなかったんだよね……。 
なんだったのかなあ、あれ。