tozangori158A4732_TP_V

その昔、某ハウスメーカーの基礎工事をしていたオレは 
若い衆を一人連れて、着工中のアパートの床下施工に赴いた。 
ひとつ現場を片付けてからだったから、その現場に着いたのは昼過ぎ位だった。 
外は土砂降りの雨が降っていた。 
基礎工事そのものは外仕事だが、床下のそれは建て方が外壁を組み 
屋根を張ってからの施工なので、雨でも関係なかった。 
「取り敢えず、先に飯にしよう」 
昼だし、飯を食ってから仕事に取り掛かろうと、二人で飯を食い始めた。 
暫くして「がぼっ、がぼっ、がぼっ」 
雨の中をゴム長靴で歩く足音が聞こえる。 
建物の周りを、行ったり来たりしている。 
監督か大工か足場屋でも、現場の下見に来たのだろうとタカをくくっていたが 
相変わらず「がぼっがぼっ」っと建物の周りを行ったり来たりしている。 
オレは若い衆と二人で顔を見合わせ、示し合わせた様にドアを開け外に出た。 
土砂降りの雨だし 
「中で雨宿りしろ」 
と、外を歩いている人間に声を掛けるつもりだった。
 
然し、建物の外はザーザー降る土砂降りの雨の音。 
そんな人の気配も何もなく、さっき迄していたゴム長靴の足音もしない。 
建物の周りも歩いて確認したが、誰もいない。 
雨が酷いから、車の中ででも休んでいるのだろうと、現場の周りを見渡したが 
そんな車すらもない。 
「何だろう、帰ったのかな」 
不思議と、その出来事に怖さや不可思議さはなかった。 
現場では、様々な業者の出入りが日々多いものだし、何より足音は生きた人間ソノモノで 
その時は霊とか想像もしなかった。 
然し、暫くするとまた 
「がぼっがぼっがぼっ」と建物の周りを歩く、ゴム長靴の足音がする。 
「またですね。」 
「うん、もうほっとけ」 
二人でそんな会話をし、仕事に取り掛かろうとした時 
外で慌ただしく、数台の車が停まる音がした。 

工事部門のお偉いさんや営業、監督が血相変えてドヤドヤと車から降りてきた。 
ただ不思議に思ったのは、何故かその中に正装した神主も居る。 
「今更地鎮祭じゃあるまいし、何事だよ」 
そんなオレ達を尻目に 
その建築中の建物の中で、その神主は祝詞をあげ始めた。 
同行した社の人間も、皆、神妙な顔をして手を合わせている。 
何が何だか分からないオレ達は、呆気にとられていたが 
一部始終が終わるまで、取り敢えず仕事に取り掛かるのは止めにしていた。

そして、ひと通りが済み、社の人間とも軽い挨拶を交わし 
上司の面々も神主も、帰路に就いた折 
一人残った監督から、事の次第の顛末を聞くことが出来た。 

その日の朝、早い時間に一人の大工が現場に来た。 
ふと視線を感じたので振り返ると、小窓から一人の男がこっちを見ている。 
「随分、早い業者だな」 
大工は気にせず作業をしていた。 
暫くして、また視線を感じたのでそちらに目をやると 
先程の男が、まだこっちを見ている。 
「ふざけた奴だなぁ」 
そんな事を思いながら作業を続けていたが、どうも様子がおかしい。 
「おい、いい加減、ふざけんなよお前」 
ハッパをかけてやろうと勇んで 
小窓のあるドアを開けた大工は、腰を抜かした。 
その男は首を吊っていた。 
小窓から見えていたその顔は、男の首吊り遺体の死に顔だった。 
作業服に長靴姿で、どこぞの浮浪者らしかった。 

新築のアパート物件で、アヤつく事を恐れた社は 
急遽、神主を呼んでお祓いを済ませ、内々に事無きを装ったんだろうが 
あの足音は間違いなく、首吊った浮浪者なんだと思った。 
横浜の某所での出来事。 
ちなみにそこは入居してますw