心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7a7bb4ab.jpg

    めちゃめちゃブスだった妹の話。
    うちの家系は母方の家系が美男美女ばかりで俺は残念ながら父親に似て長州小力似なんだけど俺と妹以外は顔が整っていてすごく羨んでる。

    妹は小学校に上がるまでは、綺麗な顔立ちだったけどだんだん太って醜い顔になって行き体調もすぐれず学校に行かなくなった。

    普通に歩いていて気を失ったり、夜中に近所を徘徊したりと奇行が目立った。

    そんな妹を父が心配して、美顔器や化粧品などを買い与えたり病院に連れて行ったり色々したものの、精神病と診断され妹は引きこもりになり、中学も入学したてだというのに行けなかった。

    アゴは団子でも入ってるんちゃうか?というほど不自然な形になり目は腫れぼったくなり体重は3桁行くんじゃないかというほど太り高校生の歳になった頃に父親が整形手術を勧めるほどひどい顔になり母が顔にメスを入れさせるなんてどうかしてる!と喧嘩。

    【めちゃめちゃブスだった妹】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    famicomFTHG5034_TP_V

    俺の幼少期のトラウマの話

    俺が小学校低学年だったときの話。

    俺は父方の祖父母と両親と妹と住んでたんだ。
    俺の母親はいわゆるスパルタってやつで、俺をなんとしてでも某有名大学に入学させたいらしく、これまた某有名中学をめざし、小学生なのに塾と家での勉強ばっかりの生活だった。

    そんなことで、当然ゲーム類は一切買ってもらえず、同級生が楽しそうにポケモンをしてるのを見るのが悲しかったのをよく覚えている。

    しかし、そんな俺を哀れんでか、誕生日に祖父母がこっそりとファミコンを買ってくれたんだ。
    当然母は怒っていたけど、なんとか父の説得もあり、2日で30分までの制限付でゲームをしていいことになった。

    もともとおじいちゃんおばあちゃん大好きっ子だった俺は、これの件でもっと好きになり、感謝の言葉を伝えた。すると、祖母は
    「俺が喜んでくれて良かったよ。でも約束はしっかり守るんだよ。」

    と言われた。もちろん俺は二つ返事で返事をした。

    しかし、所詮は小学生だ。1ヶ月もすると最初は守っていたルールも、だんだんあと10分、次のセーブポイントまでと、ルールを守らないようになってきた。
    そんな状況を見た母親は、
    「ホラみなさい。あの人たちがあんなもの与えて甘やかすからこうなるのよ」

    といっていた。祖父母はゲームを買い与えた手前、責任を感じていたのだろう、
    祖母がゲームをしている俺を止めに来た。
    「30分までってルールだっただろう。俺は良い子だからわかるだろう。ね?もうやめるんだよ?いいかい?」

    と、優しく諭してくれたのだが、俺は良いところを邪魔されてつい、
    俺「うるさいあっちいけ!おばあちゃん邪魔だ!」

    と、言ってしまった。
    その瞬間、おばあちゃんの顔が今まで見たこと無いような冷たい顔に変わり、感情がないような真顔で、ぽっかりと黒い点を落とした眼球が俺を見つめていた。

    【おばあちゃんの顔が今まで見たこと無いような・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    37shimari96a_TP_V

    当時オレのまわりでこの「念写」が流行ってさ…
    見たい場所や探し物を念じながらこれヤルとね…ブレブレの写真の中に一部ピントのあった実際にそこには無い物が撮れるのよ…
    ※零感の人がやっても撮れなかった

    オレさ…そこそこ霊感があってね…高確率で「念写」に成功してたんだ…
    しかも具体的に「念写」出来てたのよ…
    例えば「失くした財布の場所」って念じながらやると財布が今ある場所が写ったり(机の引き出しの中が写ったり)してたのね…

    ある時ね…友達のお祖父さんが行方不明になってね…
    3日ぐらいして友達が写ルンです持ってオレん家に来たのよ…
    「祖父ちゃん探してくれ」って泣きながらね…

    人捜しの「念写」なんてやった事なかったんだけどね…
    友達が祖父ちゃん子だったの知ってたしさ…オレも可愛がってもらってた祖父ちゃんだったから快諾した…

    で…「念写」したのよ…
    フィルムを一巻きして祖父ちゃんの居場所って念じながら写ルンですの底部を叩いたのよ…

    カシャ!カシャカシャカシャ!

    一回しか叩いてないんだけどね…
    4回シャッターが切れた
    ダイヤル?とか巻いてないんだけどね…連続でシャッター切れてんの…

    今迄そんな事なかったからオレびっくりして「えっ?」ってなってたんだけど
    友達は大喜びでオレから写ルンです奪いとってね…
    「ありがとうありがとう今から現像持って行く」って御礼言うのよ…

    オレも連続してシャッター切れたのが気になったから一緒についてったの

    夕方だったけど写真屋さんに無理言ってすぐ現像してもらってさ…
    写真ができたのは暗くなってからだったよ…

    出来上がった写真を一緒に見たんだけどさ…
    【「念写」が流行ってさ…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    150820262255_TP_V

    事の始まりは1カ月位前なんだが
    トイレとか風呂とかそういう家の小さな部屋に入ると気配を感じるようになった

    そんで気配を感じた時は何かしら部屋に変化がある

    例えばテレビがついてたり電気が消えてたり一週間位前までは大した害もなかったしマンション自体の電気の不調だと思ってた

    だけど一週間前今までとはレベルの違う異変が起きた
    俺の服とバッグがズタズタに引き裂かれて玄関に置いてあった
    異常なのはそれだけじゃなかった
    ズタズタに引き裂かれてる服とバッグはパズルみたいに揃えて置いてあった
    気持ち悪いほど綺麗に

    俺は足を震わせながら友達の家に向かったんだが
    その時は友達はいなくて少しの間近くのスーパーで時間を潰した友達と合流した後一応確認しに行こうってことで友達と家を見に行ったんだ

    そしたら増えてた
    しかも置いてあったのは彼女からもらったセーターだった
    今度はズタズタにはなってなかったが触ってみるとヌメッとしていた
    多分あれはサラダ油だったと思う
    友人も俺もかなりびびって交番に逃げ込んだんだ

    【気配を感じた時は何かしら部屋に変化がある】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    kumakichi0221002_TP_V

    15年程前、学生時代の夏の話。

    友人とオレはバイク乗りだが、テント泊というものをやったことがなかった。

    テント泊慣れしたライダーから影響を受けたらしく、友人が安い二人用のテントを買ったというので、二人でテント泊ツーリングに出かけることにした。

    テントを張るなら田舎だろうということで、人家もまばらな田舎を目指して走った。

    しかしテント泊慣れしていない人間にとって、テントを張る場所を見つけるというのは結構難しい。
    やれ人家の目につくだの、道路が近いだの、草が深いだの、選り好みをしていると本当に見つからなかった。
    さすがにこれ以上はまずいという程暗くなった頃、小高い山の脇にそれらしい場所を見つけ、あわててテントを張った。二人とも慣れないので、出来上がったテントはシワシワのヘナヘナだった。

    夜は特に何事もなく過ぎていった。
    コーヒーをわかし、ラーメンを作って食べ、カエルと虫がうるせえなと言って過ごした。トラブルといったらオレが大量に蚊に刺されたことぐらいだった。

    早朝、友人のアラームで目を覚ますと、血圧の高いオレがまず動き出した。

    テントの中からも感じていたが、テントの外へ出るともうずいぶん明るかった。
    朝露に濡れた草が白く光って綺麗だった。
    明るい中でテントを見てみると、思っていたよりも中途半端な場所に張ってしまっていたようだった。
    地元の人の邪魔にならない奥まった場所にと思っていたが、そこそこ目立っていた。

    【無機質な片目】の続きを読む

    このページのトップヘ