ogst1SDIM02281751_TP_V

家を守ってくれる先祖霊が成仏する時大きな音を立てるという話を聞いたことがる。

身寄りの無い伯母が亡くなって三回忌の翌日、父が亡くなって丁度一年経過して数日後など、天井が崩れるんじゃないかと思うぐらいの大きな音が響いて、その後なんていうか家に僅かに漂っていた人がいるような気配が消える経験をしている。

なお、二回とも一緒にいた妻は音が聞こえなかったそうだが、父の時は別の部屋にいた母も
びっくりして部屋から飛び出してきたから空耳では無いと思う。

で、一週間ぐらい前の話なんだが、前の二回より更に大きな「バリバリバリ」という家が崩れるような音が聞こえてきた。

台風がそろそろ来るのに大変だと思って屋根に上がってみるも何もない。
例の音だとしても思い当たる人はいない。

(中古住宅で、購入後に死んだのは伯母と父の二人のみ)

ところが、その音が有ってから、母の足の痛みが治る(歩けるようになった)わ、妻の偏頭痛は治るわ、俺の閃輝暗点(偏頭痛持ちが時々見える謎の画像)が無くなるわと、一気に家族全員が元気になった。

購入前の家に誰かが憑いていたのかも知れないが、ここ数日家の中が妙に明るくて居心地が良いわ。

なんだったんだろうなぁ。